ボードゲーム紹介
パズル学者による算数センスがアップするゲーム!

頭が良くなる算数ゲーム

遊べる店舗

パズル学者として活動している研究者による「頭が良くなる算数ゲーム」。論理的に相手の数字を当てることが目的です。

2人から4人用ゲームです。1から4の数字が描かれた4色14枚のカードをよく混ぜて4枚配り、裏向きに2枚x2枚で並べたらゲーム開始です。各プレイヤーは左隣のプレイヤーの数字カードを全て当てることが目的です。
自分の手番では質問をするかカードを当てるかのどちらかができます。質問をする場合、質問カードを引いて読み上げ、相手のカードの横におきます。相手はその質問に正直に答えなければなりません。質問では「この列の数字の合計は?」や、「何色のカードが何枚?」といった質問が書かれており、それが積み重なることでだんだんと相手の数字がわかってきます。

数字を論理的に当てていく過程が面白く、慣れてくるとだんだん計算が速くなってくるため、算数のセンスがぐんぐん上がるゲームです。大人から子供まで楽しめるゲームとなっています。

ゲーム名
頭が良くなる算数ゲーム
作者
東田大志  
発売年
2016
メーカー
幻冬舎  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る