ボードゲーム紹介
嵐や盗賊が来る前に、博物館にお宝を売却せよ!

考古学カードゲーム

遊べる店舗

手番で得られるお宝を市場で交換し、博物館に売却してお金を稼ぎましょう!各プレイヤーは手番中に財宝カードを1枚引きます。そのカードが盗賊だった場合、他のプレイヤーからカードを1枚盗みます。また嵐カードだった場合、全員カードを半分に減らさなければいけません。減ったカードは市場に置かれます。手番中は持っている手札を市場のカードと制限なく交換出来ます。また持っている手札は、手番中であればいつでも博物館に売却できます。同じカードを多く売却できれば、多額のお金が手に入ります。ゲーム終了時に一番売却金額が高いプレイヤーが勝利します。

同じカードを多く集めると多額のお金が手に入りますが、早く売却しないと盗賊に狙われたり、嵐の影響で財宝が半分無くなってしまいます。どのタイミングで売却するのか、手軽なチキンレースが楽しめます。

購入はこちら

ゲーム名
archaeology
作者
Phil Walker-Harding(フィル・ウォーカー・ハーディン)  
発売年
2016
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Z-Man Games(カナダ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る