ボードゲーム紹介
ボードゲームで料理!必要なのはテクニック!?

アラカルト

フライパンとコンロを使って料理をする「アラカルト」
火加減、調味料、ときにはフライパンさばきが重要です。

2人から4人用ゲームで、プレイヤーは自分のフライパンとコンロをもちます。自分の手番では配られたレシピ通りに調理をするため、調味料を入れるかコンロの火を強くするかの選択をします。調味料を入れる場合、瓶を持って垂直にフライパンに向かって振ります。このとき、調味料が複数出る場合もあれば、出ない場合もありますが、どちらも1アクションとなります。火加減は専用のサイコロをふり、出た目の数だけ火加減をあげなければなりません。調味料を入れ過ぎてしまったり、火を強くしすぎてしまうと料理は失敗となり、ゴミ箱行きです。料理を完璧に3回行うか、誰かが5品目を完成させたらゲーム終了です。料理ごとに決められた得点を計算し、最も多くのポイントを手に入れたプレイヤーの勝利です。完璧な調理を3回行ったプレイヤーが居た場合は、そのプレイヤーが勝利となります。

瓶からうまく調味料を振り出すテクニックや、フライパンの中に入ったホットケーキタイルをうまくひっくり返すことで完成する料理もあったりと、大変ユニークで盛り上がるゲームです。

ゲーム名
A la carte
作者
Karl-Heinz Schmiel(カール=ハインツ・シュミール)  
発売年
1989
メーカー
Moskito(ドイツ)  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る