騙している?騙されている?演技力がカギの「コヨーテ」入荷しました!

coyote01

以前告知した「コヨーテ」がついに届きました!
コンパクトでデザインもかわいい感じになっています(*^○^*)

「コヨーテ」ってどんなゲーム?
ということで、実際にやってみました。

coyote02

ルールは簡単。自分以外のカードを見て、合計の数字を推理して、それを超えない数字を宣言していくというもの。

なんだ、単純じゃん(笑)と思うかもしれませんが自分の数字は見えませんので、いかに相手の言動や表情から自分の数字を読み取れるかが鍵となります。

はじめに、一人一枚カードをひき、おでこにあて、みんなに見せます。自分のは見ちゃダメです。時計回り順に、その場にいる合計の数を推理して、それを超えないと思う数字を宣言していきます。数字はどんどん大きくなっていきます。

coyote03

前のプレイヤーの宣言した数字が大きすぎると思ったら、「コヨーテ!」と宣言して、全員の数字を公開して合計の数を確認します。

全員の合計の数 < 前のプレイヤーの宣言した数 → 前のプレイヤーの負け
全員の合計の数 ≧ 前のプレイヤーの宣言した数 →「コヨーテ!」と宣言したプレイヤーの負け

というルールです。

「コヨーテ!」が発言されるまでゲームはとまりません。どんどん数字が上がっていきます。
負けてしまうとライフをひとつ失います、3つのライフが全てなくなったら脱落となり、最後まで生き残ってたプレイヤーの勝ちとなります。

相手を騙しているつもりが、実は騙されていたり。
思いもしないカードを実は自分が持っていたり。

自分の予想を信じるのみ。
最後までハラハラがとまりません。

慎重に予測するのもあり。
大胆に相手を騙すのもあり。

予測よりも演技力が鍵となる心理戦です!
特殊カードも入っており、大どんでん返しも!

10人まで遊べるので、是非大人数で「コヨーテ」遊んでみて下さいねー!(●^o^●)

心理戦のゲームが好きです。すぐに騙されますが。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る