下北沢店が「ハコオンナ」舞台化プロデュースをします!

ホラー映画の事を考え始めると、お風呂のシャンプー時に目を閉じるのが強くなる系の下北沢店長・酒井りゅうのすけです。

ホラー映画は苦手なんですが、ホラーボードゲーム「ハコオンナ」は大好きなんですよね。そして好きが過ぎたので舞台化のお話をゲーム原作のEJIN研究所さんにさせていただき、今年の8月に上演させていただく事になりました。

実はJELLY JELLY CAFE下北沢店と同時に僕が運営している「聖地ポーカーズ魄/Hack」という演劇プロデュース団体があり、そちらの名義で舞台を作らせていただきます。下北沢店には過去の上演作品のポスターがこっそり?飾ってあったり、ゲーム販売の中に過去作のDVDなどもあったりします。

過去にはポーカー・テキサスホールデムのインストをしながら物語を進める「HOLD THEM」という作品や、死神たちが魂をチップに変えてライアーダイスで戦う「DICE or SCYTHE」という作品なども作ってきました。

これまではあくまでもゲームシステム等を物語に組み込んできていましたが、「ハコオンナ」を舞台化させていただくという事で、いよいよボードゲームを原作とした舞台としての立体化を行います。

同時に、下北沢店では原作者のEJIN研究所さんや、舞台に出演する俳優さんなどをゲストに招いて「ハコオンナ」をプレイしてもらう体験会イベントも増やしていきます。

ボードゲーム生まれの舞台作品。今年の夏は舞台観劇に是非いらしてください。

公演名
聖地ポーカーズ魄/hack 舞台版「ハコオンナ」

劇場
築地本願寺ブディストホール
東京都中央区築地3丁目15−1 第一伝道会館

公演日程
2017年08月09日(水)〜13日(日)

公式サイト
http://hako.seichipokers.com/

下北沢店、水道橋店プロデューサー。 「ゲーム」×「演劇」×「カフェ」というフィールドで『現実』と『物語』を掛けわせたエンタメ作りをしています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る