いたずらっ子に落書きされちゃった!元のスケッチには何が描かれてた?

【新作】落書き推理パーティーゲーム『シャーロックとピカソ』4月28日(木)発売  ゲームマーケット2022春にて先行販売

株式会社ピチカートデザイン(代表取締役:白坂翔、所在地:東京都豊島区)は、レーベル「JELLY JELLY GAMES」より新作ボードゲーム『シャーロックとピカソ』を2022年4月28日(木)に発売決定いたしました。また、一般発売に先駆けて、4月23日(土)24日(日)開催の「ゲームマーケット2022春」にて先行販売いたします。

『シャーロックとピカソ』は、探偵、アーティスト、いたずらっ子に分かれて遊ぶ、落書き推理ゲームです。アーティストはお題カードに記されたお題をスケッチし、いたずらっ子はスケッチに落書きして台無しにしようとします。探偵は落書きされる前のスケッチが何だったかを推理します。家族や友達でわいわい盛り上がりながら遊べるパーティーゲームです。

『シャーロックとピカソ』は「ゲームマーケット2022春」にて先行販売いたします。ゲームマーケットの会場では試遊していただくこともでき、特別価格で購入可能です。

<ゲームの流れ>

  • アーティストはついたての裏でお題カードに書かれた8つのお題を確認します。
  • 探偵の「スタート」の合図でアーティストはお題の中から1つを選びスケッチシートに絵を描き、描き終えたスケッチは裏返してすぐにいたずらっ子に渡します。
  • アーティストは40秒以内に8つすべてのお題をスケッチすることを目指します。
  • いたずらっ子はスケッチを受け取ったらすぐに落書きを始めます。
  • 40秒経過したらアーティストは手を止め、いたずらっ子はさらに40秒落書きすることができます。
  • 探偵は落書きされたスケッチは元々何が描かれていたかを推理します。
  • 正解した探偵と正解されたアーティストは得点、正解者がいない場合はいたずらっ子が得点。
  • すべてのプレイヤーがアーティストといたずらっ子を一回ずつ行ったらゲーム終了です。
  • 得点が最も多いプレイヤーが勝利します。

『シャーロックとピカソ』商品概要

・タイトル:シャーロックとピカソ

・プレイ時間:20〜30分
・プレイ人数:3〜6人
・対象年齢:10歳以上

・販売価格:2,750円(税込)
・箱サイズ:縦15.3cm x 横10.8cm x 高さ4.1cm
・内容物:お題カード84枚 / ついたて2枚 / 鉛筆2本 / 得点チップ 24個 / スケッチシート1冊 / ルールブック1枚

・ゲームデザイン:Sylvain Lasjuilliarias
・アートワーク:Arthur Deussen & TANSAN
・製造・販売元:株式会社ピチカートデザイン(JELLY JELLY GAMES)

▼公式サイト
https://jelly2games.com/sherlock

▼遊び方動画
https://youtu.be/OLDACsGg7Kk

▼販売・一般発売予約サイト 
https://shop.jellyjellycafe.com/products/detail/2980

 

「ゲームマーケット2022春」開催概要

名称:ゲームマーケット2022春
開催日時:2022年4月23日(土)・24日(日)  11時~17時
会場:東京ビッグサイト 西展示棟1,2ホール
会場所在地:〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
URL:http://gamemarket.jp/access/

JELLY JELLY GAMESについて

「JELLY JELLY GAMES」はボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」を運営する株式会社ピチカートデザインが企画するボードゲームブランドです。多くのお客様にボードゲームの楽しさを伝えてきたスタッフが自信をもっておすすめできるゲームを、幅広い年齢層や興味を持ってくれた方々のもとに届けることによって、ボードゲームの普及へ貢献することを信念としています。https://jelly2games.com/

株式会社ピチカートデザインについて

”人と人をゲームでつなぐ”を理念に、ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」の運営や「JELLY JELLY GAMES」ブランドでのオリジナルゲーム製作、ボードゲーム専門店「JELLY JELLY STORE」で世界中のボードゲーム販売などの事業を行う。
https://pizzdesign.com

<本プレスリリース画像素材>

https://drive.google.com/drive/folders/1LzqIqvpbw03IATLquB9EECsYCjuyzUDk?usp=sharing

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>

株式会社ピチカートデザイン
広報担当:オギ ユカ pr@pizzdesign.com

JELLY JELLY CAFEの広報です!ほどよく運要素のあるポップなゲームが好き。大学の卒論はボードゲーム『パンデミック』について書きました。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る