ボードゲーム紹介
模様が被ったら決闘開始!反射神経と判断力の勝負です

ジャングルスピード

1枚ずつカードをめくって行き、他の誰かと同じ模様が出たら決闘開始!真ん中に置いてある棒を奪い合います。
似たような模様のカードがたくさんあるので、間違えないようにする判断力と、反射神経が試されるゲームです。

ゲーム名
Jungle Speed
作者
Pierrick Yakovenko & Thomas Vuarchex
発売年
1997
メーカー
Asmodee(フランス)
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

はじめまシックス

 「ボードゲームナイト」というイベントが「相席ナイト」という名称に代わり、カウンターに置いてある「相席OK」のポップもあちらこちらのテーブルで目立つようになってきた昨今のJELLY JELLY CAFE。ボードゲームは初めましての人とも仲良くなれる素晴らしいもの。でも、やっぱり自己紹介って大事ですよね?
 このゲームは自己紹介をするゲームです。自分を6つの要素で紹介して、最後に紹介した6つの事柄を当てあうゲーム。友達同士より、初めて会う人と遊ぶ、そんな方々にぴったりのゲームだったりします。
 ……でも実は、覚えてもらえない人が勝っちゃう、そんな寂びしい一面もあるゲームでもあったり。

ふかつふかつ
このゲームを詳しく見る
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016