ボードゲーム紹介
もしかして俺が狼?

ワードウルフ

あの大人気正体隠匿系コミュニケーションゲーム「ワードウルフ」が、ボードゲーム版となって新登場です。

市民(多数派)とワードウルフ(少数派)に分かれて、与えられたお題について自由に会話します。会話を通じて自身が市民かワードウルフかを見極め、ワードウルフの場合は市民に紛れるように振る舞いましょう!

市民がワードウルフを見破るか、ワードウルフがうまく市民を出し抜くか!?ハラハラドキドキに思わず「もう一回!」と言ってしまいます。

ゲーム名
ワードウルフ
作者
川崎晋(カワサキファクトリー)  
発売年
2019
メーカー
カワサキファクトリー  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る