ボードゲーム紹介
声を奪われた市長からマジックワードを導き出せ!

ワーワーズ(WERE WORDS)

遊べる店舗

お題の言葉を推理しながら役職を当てる、20人まで遊べる正体隠匿ゲームです。

村陣営と人狼陣営に分かれて戦います。1人1枚役職のカードを配り、余った1枚は中央に裏向きに置きます。まず夜フェイズが来ます。市長を引いたプレイヤーは中央に置かれた役職をこっそりみて、自分の陣営を確認し、アプリで今回のお題となる言葉を見ます。予言者と人狼のプレイヤーもそれぞれ言葉を知ります。昼フェイズでは、市長に対して「はい」「いいえ」で答えられる質問を制限時間のあいだ好きなだけ行い、市長は「はい」「いいえ」「何とも言えない」「とても近い」のトークンを質問者に渡していきます。時間内に正解者がでると、人狼は自分の役職を公開し、予言者が誰であるかを推測します。正解した場合は人狼陣営の勝ち、ばれなかった場合は村陣営の勝ちとなります。時間内に正解者がでないときは、村人たちによる人狼探しを行い、同様に当てれば村陣営の勝ち、はずれれば人狼陣営となります。

人数に合わせて見習い、秘密結社、何か、千里眼、人狼の手先、占い師、ドッペルゲンガーなどの役職が追加され、より多くの情報がでてくることとなります。自分の陣営が勝てるように、ほどよく情報を出していきましょう。

ゲーム名
Werewords
作者
Ted Alspach  
発売年
2017
メーカー
Bezier Games / ベジエゲームズ(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る