ボードゲーム紹介
意中のあの子に"だけ" 伝わる触れ方を テーブルの下で。

アンダー・ザ・テーブラー

遊べる店舗

木製のテーブルの下で、 他のプレイヤーにバレないように、手を触れ合わせ気づいてもらうパーティーゲームです。

カードによって秘密裏に、特殊な触り方をするプレイヤーが選ばれ、対象のプレイヤーにだけ伝わるようにそれを実行します。
「さする」や「つねる」などの指示があり、ゲームを建前にきになるあの子に触れ合うチャンスができるというゲームです。

正体隠匿パーティーゲームというなかなか楽しいジャンルなので是非遊んでみては?

作者
Masakazu Node & Naoki Hata  
発売年
2019
メーカー
Kinnbart  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る