ボードゲーム紹介
潜む怪人・・・犯人は誰だ!?

トリックと怪人

捜査官となり、事件の犯人をつきとめるミステリー風のゲームです。

各プレイヤーは配られた2枚の手札から1枚を、容疑者として場に裏向きで出し、そのカードと同じ色のコマを上に乗せます。
場に出た容疑者の中で最も数字が大きいカードが犯人になるので、コマの色や配られたカードなどの情報を元に犯人を予想しましょう。
犯人を当てたプレイヤーは得点できますが、中には何色のコマを乗せても良い「怪人」カードが混ざっています。
犯人と間違えて怪人を選んでしまうと、点数を奪われてしまうので気をつけなければいけません。

限られた情報で犯人を推理し、怪人を使って捜査を撹乱しましょう。

購入はこちら

作者
齋藤隆  
発売年
2018
メーカー
Oink Games / オインクゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る