ボードゲーム紹介
遺跡の発掘でお宝ゲット!(ハズレ有)

テーベ

遊べる店舗

考古学者となって、遺跡発掘に関する知識を獲得しながら、各地にある遺跡からお宝を発掘していきます。各プレイヤーは、ゲーム年数で3年間のなかでお宝の獲得や、展示会や学会での発表で勝利点を増やすことを目指します。ギリシャ・クレタ・メソポタミア・エジプト・パレスチナの各遺跡からお宝を発掘するため、ヨーロッパの各都市で勉強会に参加し、知識を獲得します。知識を多く獲得すると、より多くの発掘を行う事が出来ます。しかし勉強するにも、発掘するにも時間がかかります。3年間の時間配分を考えながらアクションを行っていき、3年後に多くの勝利点を獲得できたプレイヤーが勝利します。

このゲームの肝は、遺跡からのお宝発掘です。しかし一つの遺跡に眠っているお宝の数には限りがあります。発掘品にはハズレもあり、しかもハズレは再度遺跡に戻っていく為、どんどんハズレの確立が高まります。重ゲーでは珍しい運の要素が高めのゲームですが、逆に運頼みの遺跡発掘というテーマが合致していて、とても盛り上がるゲームです。

ゲーム名
Thebes
作者
Peter Prinz  
発売年
2007
メーカー
Queen Games(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る