ボードゲーム紹介
その部屋には、宝があるのか。罠が待ち構えているのか…?

TEMPLE DES SCHRECKENS

遊べる店舗

タイムボムという日本のインディーズ作品のドイツ版のボードゲームです。
古代遺跡の部屋を一つずつ開けていき、罠を避けつつ、宝の部屋を探すゲームになっています!

プレイヤーは冒険家とガーディアンに分かれますが、誰が冒険家で誰がガーディアンかわかりません。

カードを全員に均等に配り、スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。カードは宝の部屋、罠の部屋、何もない空き部屋の3種類に分かれています。スタートプレイヤーは誰の手札から1枚選ぶのかをプレイヤー全員と相談しながら決めます。
決めたプレイヤーのカードから1枚を選んで、表にします。そして、そのプレイヤーが次に表にするカードを選ぶプレイヤーとなります。
もし表にしたカードが宝の部屋なら、ゲームは続行され宝の部屋を全て表にできると冒険者側の勝利です!
カードを引いてもらったもし罠の部屋のカードだった場合は1枚ならまだセーフですが、2枚目を引いてしまうとガーディアンの勝利となります。

冒険家が多数派でガーディアンも宝の部屋を開けたいふりをするので、「私のところに宝の部屋があるので開けて!」「僕は罠の部屋持ってるから開けない方がいいよ。」という会話が繰り広げられます。
誰が本当の味方なのか、誰は嘘を付いているのか?
カードを選ぶたびにハラハラドキドキしながらも、ワイワイと楽しめるボードゲームです!

作者
佐藤雄介  
メーカー
Schmidt(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る