ボードゲーム紹介
その部屋には、宝があるのか。罠が待ち構えているのか…?

TEMPLE DES SCHRECKENS

遊べる店舗

タイムボムという日本のインディーズ作品のドイツ版のボードゲームです。
古代遺跡の部屋を一つずつ開けていき、罠を避けつつ、宝の部屋を探すゲームになっています!

プレイヤーは冒険家とガーディアンに分かれますが、誰が冒険家で誰がガーディアンかわかりません。

カードを全員に均等に配り、スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。カードは宝の部屋、罠の部屋、何もない空き部屋の3種類に分かれています。スタートプレイヤーは誰の手札から1枚選ぶのかをプレイヤー全員と相談しながら決めます。
決めたプレイヤーのカードから1枚を選んで、表にします。そして、そのプレイヤーが次に表にするカードを選ぶプレイヤーとなります。
もし表にしたカードが宝の部屋なら、ゲームは続行され宝の部屋を全て表にできると冒険者側の勝利です!
カードを引いてもらったもし罠の部屋のカードだった場合は1枚ならまだセーフですが、2枚目を引いてしまうとガーディアンの勝利となります。

冒険家が多数派でガーディアンも宝の部屋を開けたいふりをするので、「私のところに宝の部屋があるので開けて!」「僕は罠の部屋持ってるから開けない方がいいよ。」という会話が繰り広げられます。
誰が本当の味方なのか、誰は嘘を付いているのか?
カードを選ぶたびにハラハラドキドキしながらも、ワイワイと楽しめるボードゲームです!

作者
佐藤雄介
メーカー
Schmidt(ドイツ)
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キャッチ・ザ・ムーン

月に届くまではしごをかけることを目的としたバランスゲーム。
サイコロを振って、出た目に応じて決まった方法ではしごをかけていき、途中ではしごを崩してしまうと月の涙を失点として受け取ります。
単純にバランスゲームとしても楽しく、また見た目も美しい良作ゲームです。

たかとらたかとら
このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト