ボードゲーム紹介
5mmの差が勝負を分ける

スティックコレクション

スティックコレクターとしてオークションに参加しよう!
価値ある5mm違いのスティックを見た目で落札するのです。

プレイヤーは、一本ずつテーブルに出されるスティックを競り落としていきます。
長さが5mm違いのスティックを集めるほど得点になっていきますが、競りの最中はスティックに近づいてはいけません。所持金と相談しながら、じっくり見つめて競りに参加するかパスするか決断してください。
参加者の視線を浴びながら、競り落としたスティックを手中に収めるたび、答え合わせで盛り上がります。
誰かの所持金がなくなるか、誰かが8本競り落としたらゲーム終了で得点計算ですが、もしゲーム途中で同じ長さを4本揃えることができたら即勝利というオプションがあります。

目測への過信と失望が楽しい異色の競りゲームです。

購入はこちら

作者
居椿 善久  
発売年
2021
メーカー
ITTEN(日本)  

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る