ボードゲーム紹介
いつ誰が密告者となるのか…

スニッチ

腕利きの泥棒たちを雇って悪名高いお金持ちを目指すゲームです。

各プレイヤーには手札としてランダムで7枚のキャラクターカードと密告者(スニッチ)カード3枚が配られます。

リーダーである手番プレイヤーは2〜プレイ人数の数字で難易度を選択して契約を取り付けます、そして山札からキャラクターカードを難易度の数だけめくります。

各プレイヤーは相談しながらめくられたスペシャリストカードに対応するカードを一斉にプレイします。対応するカードがすべて揃っていれば難易度の数字分のコインを各プレイヤーはもらうことができます。
しかしここで密告者カードがプレイされたうえで対応するカードが1枚でも揃わなかった場合、密告者カード以外をプレイしたプレイヤーは1コインを失い、そのコインが密告者を出したプレイヤーに山分けされます。

これを計8ラウンド繰り返し、1番お金を集めることができたプレイヤーが勝者となります。
むやみに密告者カードを出すと他の密告者カードと出すタイミングが被ってしまい奪ったコインの取り分が減ってしまうこともあり、密告者のカードを出すタイミングが重要になってきます。

購入はこちら

発売年
2019
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  SLIGHT GAMES  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る