ボードゲーム紹介
ラブレター人狼バージョンです

シークレットムーン

正体隠匿系ラブレターともいうべき「シークレットムーン」。
カードの効果だけでゲームが進行し、脱落者がいないことや1ゲームが短いことが特徴です。

5〜8人用ゲームで、姫陣営と大臣陣営に分かれて戦います。役割カードを全員に配り、使わない役割カードを中央に裏向きにして置きます。このゲームでは行動順を決めるカードをまず配ります。番号が少ない人から、攻撃や防御など決められた複数の行動のうちから1つ選び、それを各プレイヤーが行います。全員行動し終わったら1ラウンドが終了し、それを3ラウンド繰り返します。姫陣営の勝利条件は、3ラウンドが終了するまで見つからないこと、もしくは大臣を行動不能にすることです。大臣陣営の勝利条件は姫を行動不能にするか、姫と旅人のカードを公開することになります。

ラブレターのように1ゲームがすぐ終わることや、人狼のように脱落者もいないこと、コミュニケーションよりもカードの効果で相手の正体を探るなどの特徴があるため、気軽に楽しく正体隠匿ゲームができます。

購入はこちら

作者
カナイセイジ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る