ボードゲーム紹介
ラブレター人狼バージョンです

シークレットムーン

正体隠匿系ラブレターともいうべき「シークレットムーン」。
カードの効果だけでゲームが進行し、脱落者がいないことや1ゲームが短いことが特徴です。

5〜8人用ゲームで、姫陣営と大臣陣営に分かれて戦います。役割カードを全員に配り、使わない役割カードを中央に裏向きにして置きます。このゲームでは行動順を決めるカードをまず配ります。番号が少ない人から、攻撃や防御など決められた複数の行動のうちから1つ選び、それを各プレイヤーが行います。全員行動し終わったら1ラウンドが終了し、それを3ラウンド繰り返します。姫陣営の勝利条件は、3ラウンドが終了するまで見つからないこと、もしくは大臣を行動不能にすることです。大臣陣営の勝利条件は姫を行動不能にするか、姫と旅人のカードを公開することになります。

ラブレターのように1ゲームがすぐ終わることや、人狼のように脱落者もいないこと、コミュニケーションよりもカードの効果で相手の正体を探るなどの特徴があるため、気軽に楽しく正体隠匿ゲームができます。

購入はこちら

作者
カナイセイジ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る