ボードゲーム紹介
ボードゲームしてる感を得られる運と戦略のバランスが良いゲームです

ラー

ライナークニツィアによる競りゲーム「ラー」
古代エジプトを舞台に、様々な方法で名声を獲得します。

2人から5人用ゲームで、布袋からランダムでタイルを1枚引くことを繰り返します。引いたタイルはオークションエリアに並べられますが、「ラー」タイルが引かれるか、自ら「ラー」宣言をすると競りが始まります。競りの対象はオークションエリアに並べられたタイル全てです。もちろんタイルには良いタイルもあれば獲得したくないタイルもあります。また、競り落とせる回数にも制限があるため、このゲームにおける競りは非常に重要なポイントとなります。3ラウンドを終えて、最も勝利点を得たプレイヤーの勝利となります。

少しのマイナス点を我慢するのか、他の人に取られるくらいなら自分が競り落とすのか、オークショントラックがより充実するまで待つのか、競りに参加する戦略は様々です。運と戦略のバランスがよく、ボードゲームらしさがとても強いゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Ra
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1999
メーカー
ニューゲームズオーダー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る