ボードゲーム紹介
玉をつんでいく2人用ゲーム頂点は誰のもの?

ピロス

プレイヤーは玉の色で分かれ、交互に持ち玉を盤上に置くことで最終的にピラミッドの頂上に自分の玉を置くことを目指します。
玉の並び方などで持ち玉の数が変動するので、いかに自分に有利な配置となるよう相手の玉を誘導できるかが勝負のカギとなります。

購入はこちら

ゲーム名
Pylos
作者
David G. Royffe  
発売年
1994
メーカー
Gigamic / ギガミック(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る