ボードゲーム紹介
豆と希望を抱き、いざ宇宙へ!

プロジェクトユニバース

遊べる店舗

豆をエネルギーとするロケットが開発された宇宙時代。プレイヤーは運送会社の支店長となり、ロケットを打ち上げて依頼を達成して功績を挙げて次期社長を目指します。

ゲームは3ラウンドで終了し、最も得点を稼いだプレイヤーが勝利となります。
資源を獲得したり、設備を強化したり、新たな依頼を受注する事で支店の拡大をしていきます。地球から宇宙へ、そして目的地となる宇宙ステーションまで到達すれば任務完了。点数などの報奨を受け取り、次なる依頼へ向かいましょう。
しかし、ラウンドには”時間”の概念があり、時間以内に仕事をこなせないと手痛い失点や残業代が待っているかも……。

デッキ構築、マジョリティ競争、設備投資による拡大再生産、セットコレクションなど、様々な要素が絡み合う重量級ゲーム!
徐々にできる事が増えていく”ワクワク感”は一度やればやみつき間違いナシです!

作者
矢沢賢太郎  
発売年
2019
メーカー
HOY GAMES(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る