ボードゲーム紹介
郵便屋さんになって手紙を届けよう!

ポストマン

郵便物を届ける建物を素早く探す、スピード系ゲームです!

①町の絵が描かれたボードをテーブルの真ん中に置きます。
②お題が描かれた60枚のカードをよく混ぜ、伏せて山札にします。
③プレイヤーは、全員同じ数の手紙タイルを受け取ります。

1番若いプレイヤーがお題カードをめくり、お題を確認します。
町ボードの中にお題の建物があるので、その建物を最初に見つけた人は自分の手紙タイルをその家に置きます。
お題には建物そのものが描かれていたり、窓やドアの数、建物の色が指定されてるものもあります。
これを繰り返し、自分の手紙を全部届けたプレイヤーの勝利です。

箱も手紙タイルもめちゃめちゃ可愛いです。

購入はこちら

発売年
2021
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る