ボードゲーム紹介
ロジックと推理で事件を解決!

P.I.(ピーアイ)

遊べる店舗

マスターマインド形式で「犯人」「現場」「犯罪」を当てることを目指す「P.I.」
人気推理ゲーム「クルード」に似ていますが、こちらの方が難易度が高くなっています。

2人から5人まで遊べるゲームです。マスターマインドというゲームのように、あらかじめ決められた答えを推理し、答えまでの推理の数を競うことが目的です。ゲーム中には、その答えのヒントを得る推理ができます。推理は、「犯人」「場所」「犯罪」のうちから1つを選んで行います。すると、「指定した所は正解」または「指定した所に隣接している所が正解」という結果を得ることができます。それを繰り返し、「告発」というアクションをすることで、右隣の人が持っている「犯人」「現場」「犯罪」を告発できれば得点できます。正解するまでの手数が他のプレイヤーよりも早ければ早いほど得られる点数が多くなりますが、「告発」が1つでも間違っているとペナルティを受けてしまいます。3ラウンド繰り返し、最も多く得点できたプレイヤーの勝利となります。

ロジックと推理が好きな方にはぜひお勧めしたいゲームです。

ゲーム名
P.I.(ピーアイ)
作者
Martin Wallace(マーティン・ワレス)  
発売年
2012
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Treefrog Games(イギリス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る