ボードゲーム紹介
渡邊、渡辺、渡邉…?

渡る世間はナベばかり

漢字の「わたなべ」の「なべ」の字だけを使ったカードゲーム、「渡る世間はナベばかり」です。

1人から8人用ゲームで、いくつかのルールで遊ぶことができます。使用するカードの裏面には「渡辺」の「渡」が書いてありますが、おもて面には20種類近くの「辺」の文字が書かれています。

単純に神経衰弱のようにも遊べるほか、お題カードとしてめくられた「辺」と同じ字を探す、スピード系のゲームも楽しめます。渡辺さんはぜひ自分の「渡辺」を探してみてくださいね!

購入はこちら

ゲーム名
渡る世間はナベばかり
発売年
2016
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る