ボードゲーム紹介
それは、命がけのわしづかみ

ふくろと金貨

親分からの金貨の分け前、取りすぎた者はすべてを奪われる!?心理戦ボードゲームです。

プレイヤーの1人が親分となり、親分は他の子分(プレイヤー)に金貨を袋の中に分け与えていきます。プレイヤーは順番に金貨を奪っていくのですが、奪われたプレイヤーは自分より奪ったプレイヤーの方が金貨が多くなったと感じたらチャレンジすることが出来ます。チャレンジが成功したら奪った相手から金貨をすべて奪うことが出来ます。最終的に金貨を一番持っているプレイヤーが得点となります。

袋の底は触ることは出来ませんが振った時の音などでどのくらい入っているかなどを予想しましょう!

ゲーム名
Moneybags
作者
Yoshiteru Shinohara  佐々木 隼  
発売年
2018
メーカー
Oink Games / オインクゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る