ボードゲーム紹介
ウィチロポチトリに従い、ティノチティトランの再建を目指します。

メキシカ

遊べる店舗

限られた手数で大きな島を分割していき、それぞれの区画で陣地取りを行うゲームです。
運要素はほぼありません。じっくり考えたい人向けのゲームです。

自分の手番では、6アクションポイントを使用し、移動したり、堀を掘ったり、橋をかけたり、区画を確定させたり、神殿を建設したりといった行動を行います。区画を確定させるには、示されたタイルの数字と、区画内のマスの数が一致していなければいけません。区画を確定させた人は勝利点を獲得でき、ラウンド終了時にはその区画で最も大きな神殿を作っている人が、そのマス数と同じ数だけのボーナス点を獲得できます。

神殿を作るのか、区画を分け、確定させるのかといった行動を限られたアクションで行わなければなりません。「これをすると相手が有利になってしまうし…」といったジレンマを楽しむことができます。

購入はこちら

ゲーム名
Mexica
作者
Michael Kiesling(ミヒャエル・キースリング)  Wolfgang Kramer(ヴォルフガング・クラマー)  
発売年
2002
メーカー
Super Meeple  テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る