ボードゲーム紹介
いきなりあらわれる恐竜に気をつけろ!!

絶滅ダウト / マンモス

遊べる店舗

氷河期に生きる動物たちを絶滅させながら、自分の手札をなくすことを目指すカードゲーム「マンモス」です。

プレイヤー人数によってカードをゲームから除外し、各プレイヤーに同じ枚数のカードを配れば準備完了。スタートプレイヤーの人は、なにか動物の名前と枚数を宣言し、裏向きでカードを伏せます。このとき嘘をついて宣言した以外の動物のカードを伏せても構いません。
それを受けて次の順番のプレイヤーは、さらにその動物のカードを重ねて伏せるか、前のプレイヤーが嘘をついてると思ったら「チャレンジ」することができます。
「チャレンジ」する場合には直前のプレイヤーが伏せたカードのうち1枚を選んで表にします。そのカードが嘘だった場合には、そのカードを伏せたプレイヤーが場のカードをすべて受け取り、本当だった場合にはチャレンジしたプレイヤーが受け取ります。もし恐竜カードだった場合、様々なおじゃまな効果が発動します。どんな効果があるかは…遊んでみてのお楽しみ!

購入はこちら

作者
Nikolay Pegasov  
発売年
2015
メーカー
ABACUSSPIELE/ アバカスシュピール(ドイツ)  GP / ジーピー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る