ボードゲーム紹介
アルナックの失われし遺跡を探索・発見しよう!

アルナックの失われし遺跡

アルナックの失われし遺跡ではプレイヤーは考古学者の一団の1人となって島に上陸し、探検をします。

ゲームは全5ラウンドからなり、各ラウンドはカードを引く、ターンの実行、パス、次ラウンドの準備、時間の経過を表す月の杖の移動の順に進んでいきます。自分のターンではメインアクション1つと無制限のフリーアクションを行うことができ、そこで探索、発見、守護者の撃退などを行って勝利点を獲得していきます。最終的に最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利となります。

それぞれのアクションは労働者や資源を使用して行っていきますが、メインアクション自体はターンに1回しか行えないため、慎重に行動していくのが勝利のカギになります。

購入はこちら

ゲーム名
Lost Ruins of Arnak
作者
Mín & Elwen  
発売年
2020
メーカー
Czech Games Edition(チェコ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る