ボードゲーム紹介
真実はいつもひとつとは限らない

ジャッジメント

遊べる店舗

ジャッジメントは法廷裁判を舞台にしたカードゲームです。

プレイヤーは検察官や弁護士、裁判員に扮して裁判を行います。役割と陣営を決めた後、事件カードを1枚めくり、内容を確認したうえで容疑者の中から今回の被告を決定します。検察官と弁護士は証拠カード5枚を持ち、手札のうち1枚を選んで証拠として提出、弁論を行います。これを3回繰り返します。裁判員の担当プレイヤーは提出された証拠と弁論から有罪か無罪かを投票し、票数が多い方を勝訴とします。勝訴側とそちらに投票した裁判員が得点できます。全員が検察官、または弁護士を担当するとゲームが終了し、その時に陣営が公開されます。同じ陣営のプレイヤーの点数を合計し、より高い点数が陣営が勝利します。

証拠はもちろんのこと、優れた弁論も勝利の鍵となります。

ゲーム名
JUDGEMENT
作者
アキラ  
発売年
2021
メーカー
ホワイトキューブ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る