ボードゲーム紹介
このハーブ、どこに植える?

ハーベイシャス カードゲーム

遊べる店舗

ハーブカードを庭園に配置し、ハーブのセットを鉢に植えていくゲームです。

場には自分だけが使える個人庭園と、全員が使える共同庭園となるスペースがあります。
手番が来たら山札からカードを1枚引き、そのカードを個人/共同どちらの庭園に配置するかを決めましょう。
1枚目のカードを置く場所を決めたら、2枚目のカードを引き、1枚目を置かなかった方の庭園に配置しなければいけません。

欲しいハーブがあれば、個人庭園・共同庭園から好きな組み合わせでハーブを獲得し、自分のプランターカードに植えて得点にすることができます。
プランターは、同じハーブをたくさん集めるほど高得点、違う種類のハーブを集めると高得点、など得点条件は様々ですが、同じプランターは1人1回ずつしか使用できません。

もっと集まってから植えたいけれど、早くしないと取られちゃうかも……。
カードをどちらの庭園に置くのか、いつプランターに植えるのかを見極め、最高のハーブ園を作りましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Herbaceous
作者
Eduarad Baraf  Keith Matejka  Steve Finn  
発売年
2017
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Pencil First Games  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る