ボードゲーム紹介
容疑者は全員探偵!いったい誰が犯人なのか!?

犯人は探偵の中にイる

遊べる店舗
  • このゲームの設置店舗はございません。

殺人事件の調査をするために集まった探偵のなかに、犯人が紛れ込んでいます。捜査が打ち切られる前に、他のどの探偵よりも早く事件を解決することを目指します。

犯人用の封筒と探偵用の封筒を用意して、シャッフルしてから全員に配ります。犯人の封筒には今回の事件の「犯行時刻」「凶器」「動機」が書かれたカードが入っています。探偵の封筒には手順の説明が書かれたカードが入っています。このようにお互いが誰が犯人で誰が探偵かわからない状態でゲームは開始します。その後はカードを山札から引いたり他のプレイヤーと交換したりして徐々に事件の全貌を解明していきます。見事事件を解決したプレイヤーが勝者となります。

タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る