ボードゲーム紹介
うちのファミリーに勝るものはない!

ファミリービジネス

遊べる店舗

ギャングのファミリーとして敵対組織をつぶすことを目指すカードゲームです。

プレイヤーはそれぞれのギャングを担当し、ファミリーのメンバーを全て表で前に並べ、互いに残りの人数が把握できるようにします。攻撃・救助・妨害のアクションカードを手札から出して行き、他のファミリーの全滅を目指します。いくつかの条件が満たされると「抗争」が始まり、各プレイヤーのターン開始時に処刑リストへ送られた先頭のメンバーから処刑されていってしまいます。暗殺、賄賂や裏切り、時には仲間を救出て、1人のプレイヤーのギャングだけが生き残っている時点でそのプレイヤーの勝利となります。

80年代の名作ゲームがアートもスタイリッシュに一新されて、日本語版で再登場です!

ゲーム名
FAMILY BUSINESS
作者
David B. Bromley  
発売年
2021
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Lookout Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る