ボードゲーム紹介
「分類」ってこんなに楽しいの?!

百科審議官

遊べる店舗

あなたが百科審議官になる為の卒業試験は「分類」。他の見習いたちと、分類の精度を競い合いましょう。

このゲームでは重なった3色の輪を用います。まず、自分の色と自分のルール(自分で動く、両手で持てるetc…)を決め、それぞれのプレイヤーが「自分のルールに対してYesと答える言葉」を色付き付箋に書き、輪の中に貼ります。各ターンでは、最初の付箋を参考に、マーカーが置かれた区画に入りそうな「言葉」を考え、分類していきます。その区画のルールに該当すれば得点を得ることができますが、同じ色の付箋は3枚まで。4枚目以降は分類できたとしてもポイントになりません。得点できた付箋を一定のエリア、一定の枚数貼ったプレイヤーの勝利です。

最初のうちは各々のルールがわからず、あてずっぽうで言葉を分類していくことになり焦るかもしれません。しかし、このゲームの目標は「他のプレイヤーのルールを当てる」ことではなく、「それぞれのルールにあてはまる言葉を見つける」ことです。場の分類から冷静に推理し、主席で卒業しましょう!

作者
仙石一郎  
発売年
2006
メーカー
Josee Design  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る