ボードゲーム紹介
VIPを護り抜け! 情報が錯誤するコミュニケーションゲーム!

ワンショット・キル

遊べる店舗

思考時間はおよそ数分!?  各自が手に入れた情報を元に勝利条件を目指す正体隠匿型のボードゲームです。

陣営は基本ルールでは「暗殺者」と「VIP」の2陣営。お互いに誰がどの陣営であるのかを考えるのと同時に、VIP陣営に1人だけいる「VIP」が誰なのかも考えなくてはなりません。
このゲームは誰しもが平等に情報を持つため、誰もが議論に参加でき、誰もが議論に必要な存在になります。しかし、得られる情報は各自2つだけ。左隣のプレイヤーの持っている役職と、近くのプレイヤーが持っていたかもしれない役職との、2つの情報のみです。それを元に「このカードを見た」「持っていた」「渡した」などを議論し、「暗殺者」を全員当てればVIP陣営の勝利。当てられなかった「暗殺者」が「VIP」が誰なのかを当てれば暗殺者陣営の勝利になります。
議論を要するゲームの中でも、比較的初心者向けでオススメのゲームです。

購入はこちら

作者
Emerson Matsuuchi  
発売年
2017
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Asmodee / アスモデ(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る