ボードゲーム紹介
クトゥルフVSホームズ!? 

翠色の習作

遊べる店舗

邪神に支配された1890年ロンドンを舞台に戦う、正体隠匿&デッキ構築のゲームです。

9つあるイギリスの街で政治力をつぎ込み、暗殺やカードの獲得を繰り返し勝利点を集めるのが目的となります。
毎手番、手札を5枚持って開始するというデッキ構築の基本を抑えつつ、街を掌握するために誰よりも駒を置く必要があるエリアマジョリティや、陣営に別れる正体隠匿要素もあります。

このゲームは体制維持派と復古主義者の2陣営に別れて戦うゲームですが、最後は個人の戦いになります。
チーム分けをする理由としては、最終得点計算において無能な同僚による連帯責任の減点要素があるからです!

仲間をサポートしつつも、戦略で出しぬき、1人きりの勝利を目指す重量級クトゥルフ系ゲームです。

作者
Martin Wallace(マーティン・ワレス)  
発売年
2013
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Treefrog Games(イギリス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る