ボードゲーム紹介
ちょっと手強い 形探しゲーム!

ペントミノをさがせ

遊べる店舗

サイコロ5つの絵柄に当てはまるペントミノ(5マス分の図形)を制限時間内にできるだけ多く見つけて囲むパズル系のボードゲームです。

ダイスを5個振り3つ以上の絵柄が出たら、各プレイヤーは自分のボードの絵柄の並びを確認して、ダイス5個分の絵柄ぴったりのペントミノ(5マス分の図形)を探します。誰か一人が図形を見つけるのに限界を感じたら砂時計を返し、砂が落ち切ったら完成した図形ごとに得点をもらえます。

ゲーム終了時に総合得点が最も高いプレイヤーが勝者です。

作者
Jürgen P. K. Grunau (ユルゲン P. K. グルナウ)  
発売年
2019
メーカー
HABA / ハバ (ドイツ)  
日本語版発売元
すごろくや

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る