ボードゲーム紹介
ループ系惨劇体験型 推理ボードゲーム

惨劇RoopeR 5th

遊べる店舗

プレイヤーは「脚本家(1名)」と「主人公(1~3名)」に分かれてプレイします。

脚本家は全てのループで主人公を敗北させれば勝利となり、主人公が各ループの終了時に一度でも敗北しなければ主人公の勝利となります。

脚本家が脚本を作成する必要があり、脚本によって何日間の物語がループしているのか、いつどんな事件が起こるのか、何回のループがあるのかが決まる。各事件の犯人が誰なのか、隠されたルールはなんなのか、各キャラクターの役職は何なのか等も決定され、勝利のために何度も同じ時間の中をループしながら推理していくこととなる。

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る