ボードゲーム紹介
競り、拡大、ワープレ、いろんな要素が絡み合う!

キーフラワー

キーフラワー号に乗ってやってくる労働者をうまく配置しよう!

プレイヤーは春夏秋冬の4ラウンドを通して、自分の村の発展を目指します。
手番にできることは新しいタイルの入札かタイルの利用です。入札を行うことにより、次回ラウンドから有利にそのタイルの利用ができるようになります。タイルは利用することにより手番順を早めたり、資源を手に入れたり、手に入れた資源を運んだりするのに使います。様々な要素が上手に絡み合ったシステムに、終始悩み続けながらプレイすることになりますが、そのぶん勝利した時は大きな達成感を得ることができます。
重量級ゲームを遊びたい方におすすめのゲームです!

作者
Sebastian Bleasdale & Richard Breese(セバスチャン・ブリースデイル & リチャード・ブリース)
発売年
2012
メーカー
HUCH! & friends(ドイツ)
日本語版発売元
ホビージャパン
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディクシット

不思議なイラストの描かれたカードに語り部がタイトルをつけ、そのあとにカードを並べて、どのカードが語り部の選んだカードなのかを当てるゲーム。それぞれのプレイヤーの感性が赤裸々になってはじめましての人とでも、仲のいい友達とでも、さらには家族とでも楽しめます!!

たかとらたかとら
このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約 親子ボードゲームカフェ
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト