ボードゲーム紹介
有名小説が舞台のゲームです

大聖堂

遊べる店舗

ケン・フォレットの小説「大聖堂」を舞台にしたボードゲームです。プレイヤーは協力して「大聖堂」の建設を行います。お金を稼ぎ、資材を採掘し、様々な人物の協力を得ながら、少しづつ大聖堂を完成させていきます。大聖堂が完成した時に、一番貢献したプレイヤーが勝利します。

積み木のように大聖堂のパーツが建てられていき、見た目も大変ユニークです。1時間以上かかる重ゲーではありますが、ほどよく運の要素もあるので、重ゲー初心者におすすめのゲームです。

作者
Michael Rieneck(ミヒャエル・リーネック)  
発売年
2006
メーカー
KOSMOS / コスモス(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る