ボードゲーム紹介
ディストピアSF小説がボードゲーム化

レッド・ライジング

遊べる店舗

階級に支配されたディストピア世界で支持者や優秀な仲間たちを集めて、頂点を目指すコンボビルドゲームです。

5枚の手札から1枚をボード上にプレイして効果を発動させ、山札か場札から補充します。14種類あるカードの色は階級を表しており、それぞれ「特色」を持っています。最上級のゴールドは単独で高得点をもたらしますが、デメリットも抱えています。最下級のレッドは単独ではほとんど得点になりませんが、多く集めることで凄まじいコンボを狙うことができます。条件が満たされたとき、最も得点の高いプレイヤーの勝利となります。

使用する112枚のカードは全てユニークで、どのカードを揃えるか、リソース獲得に集中するか、多彩な戦略が楽しめます。1人で遊べるオートマルール付き!

購入はこちら

ゲーム名
RED RISING
作者
Alexander Schmidt  Jamey Stegmaier  
発売年
2021
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  STONE MAIER GAMES  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る