ボードゲーム紹介
新たな種を発見しよう!

種の起源

遊べる店舗

ビーグル号に乗ってガラパゴス諸島の調査をし、新しい種を発見していくゲームです。

自分のターンでは、調査か発見のどちらかを行います。新しい種を発見するためには生息地コストが必要になりますが、調査を行うことで生息地コストを手に入れることが出来ます。しかし、手に入れた生息地コストは手元に置くのではなく、ボード上のタイルの上に配置します。新しい種を発見する時に消費する生息地コストは、新しいタイルを置く場所に隣接するタイルの上の物しか使用できません。自分が発見したい種の生息地コストを支払えるように上手く調査をしましょう。

ゲームが面白いのはもちろんですが、ゲームの背景や歴史がしっかりしていて、ゲームを遊びながらフレーバーも楽しむことが出来ます!

ゲーム名
ON THE ORIGIN OF SPECIES
作者
Gerard Ascensi&Ferran Renalias  
発売年
2019
メーカー
ARTANA  

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る