ボードゲーム紹介
人質の命はあなたの言葉に掛かっている

ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~

遊べる店舗

交渉人となり、敵意むき出しの人質立てこもり犯と会話し、人質の解放と事件の解決を目指す1人用ゲームです。

ゲームは終了条件を満たすまで何度もラウンドを繰り返します。ラウンドは「説得フェイズ」、「計画フェイズ」、「イベントフェイズ」の3つに分かれています。各フェイズを進めていき、最終的に「1:監禁場所マスに人質が1人も残っていないこと」、「2:半数以上の人質が避難場所マスに移されていること」、「3:犯人が確保、または射殺されていること」のすべての条件が満たされている場合は勝利となります。しかし、「A:半数を超える人質が死亡した人質マスに移されたとき」、「B:犯人の逃亡を許したとき」、「C:イベントフェイズにイベントの山からカードが引けなかったとき」のいずれかひとつが満たされた時点で敗北となってします。

1人用カードゲームではありますが、工夫によっては2人以上で遊ぶこともできるため、TRPGのように役割を演じながらプレイヤーで協力したり、犯人役や見物人の役を演じるといった遊び方も可能です。好きな遊び方を見つけてプレイするのもおすすめです。

ゲーム名
Hostage Negotiator
作者
A.J.Porfirio  
発売年
2020
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Van Rider Games  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る