ボードゲーム紹介
宝石で財を成した貴族達の公園作り

ダイヤモンドクラブ

遊べる店舗

「ダイヤモンドクラブ」に集いし4人の貴族が、宝石を元手に自分が手掛けた公園の価値を上げる事を目指します。プレイヤーは、世界市場で宝、石の鉱山や採掘権、輸送手段などを買い付け、新たな技術に投資します。そのようにして獲得した宝石を、立派な公園を造るために投資します。最終的に最も価値の高い公園を作り、もっとも多くの勝利ポイントを獲得したプレイヤーが勝者となります。

毎回変わる市場ボードにお金を置いてアクションを行う、いわゆるワーカープレイスメントですが、アクションを行った場所の近くのアクションには、お金が上乗せされてしまい、より高い金額のお金がかかるシステムになっています。運の要素が無い、ガチな勝負が出来るゲームです。

作者
Rüdiger Dorn(リューディガー・ドーン)  
発売年
2008
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る