ボードゲーム紹介
名作「ケイラス」がカードゲームになりました!

ケイラス・マグナカルタ

遊べる店舗

中世フランスのケイラスの築城をテーマとしたカードゲームです。プレイヤーは自分の建物カードと資材を受け取ります。場には中立建物を何軒か置きます。収入、手番(職人配置など)、職人効果、築城支援といった順番にプレイします。手番は、全プレイヤーがパスするまで、何回でも行えます。全員パスしたら、配置された職人が効果を発揮します。築城では、資材(食料、材木、石)をセットで渡すと、名誉チップが貰えます。名誉チップが無くなったらゲーム終了で、名誉チップ、作った建物の名誉、資材やお金を合計して一番名誉の高い人の勝ちとなります。

ボードゲームの名作「ケイラス」がお手軽なカードゲームになりました。本家のケイラスよりは軽いゲームになりますが、運の要素がほとんど無いため、じっくりと考えながら楽しむことが出来ます。

作者
William Attia  
発売年
2007
メーカー
Ystari Games(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る