ボードゲーム紹介
かなり特殊なトリック・テイキング!?

ヴァス・シュティッヒ

遊べる店舗

他プレイヤーの思惑を見極めながら、多くの「課題」を達成していくトリック・テイキングゲームです。ゲームの目的は、トリック・テイキングの前に選択する各自の「課題」を達成することです。例えば「一番たくさんトリックを取る」や「1トリックも取らない」など6種類の課題があります。必ずしも多くのトリックを取るだけのゲームではありません。しかも通常のトリック・テイキングでは手札が配られていますが、手札の選択も自分自身で選んでいきます。自分の課題達成の為に、どのカードを手札にいれていくのかも考えなければいけないのです。

トリック・テイキングのゲームは数あれど、その中でもかなり特殊なトリック・テイキングゲームです。ショートゲームで60分、フルゲームだと90~120分近くかかりますが、トリック・テイキング好きにはオススメのゲームです!

作者
Karl-Heinz Schmiel(カール=ハインツ・シュミール)
発売年
1993
メーカー
Moskito(ドイツ)
日本語版発売元
ニューゲームズオーダー
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディクシット

不思議なイラストの描かれたカードに語り部がタイトルをつけ、そのあとにカードを並べて、どのカードが語り部の選んだカードなのかを当てるゲーム。それぞれのプレイヤーの感性が赤裸々になってはじめましての人とでも、仲のいい友達とでも、さらには家族とでも楽しめます!!

たかとらたかとら
このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約 親子ボードゲームカフェ
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト