ボードゲーム紹介
ボードゲームで博打!?「張った!」「勝負!」で繰り広げられる心理&推理ゲームです。

手本引き

遊べる店舗
tehonbiki

博打の終着駅とも言われる「手本引き」をボードゲームで遊ぶことができる作品です。

2人から6人まで遊ぶことができます。基本的には親が1つ選んだ1から6の数字を、子が推理して当てるというゲームです。運要素が非常に強いゲームに見えますが、親が選んだ数字の履歴が公開されていたり、子が様々な倍率で複数の数字に賭けたりと、親が数字を当てられないように、子が数字を当てられるように、考える要素が非常に多くあるために、推理要素と心理要素が非常に強いゲームです。
今までに一度も選んでいない数字がそろそろ選ばれるだろう…と考えたり、その逆をついてもう一度同じ数字に賭けてみたり、親となる人の性格を考えたりと、一筋縄ではいかないゲームとなっています。

心理戦、推理ゲームを遊んでみたい方にはぜひオススメのゲームです。店内のゲーム用紙幣を合わせて遊んでみてくださいね。

タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

castles

ノイシュヴァンシュタイン城

その昔、ドイツのとある地域にルートヴィヒ2世という王様がいました。その王様はただただ自分の趣味のためだけに美しい城を作ろうとしましたが、ついに完成を見る前に亡くなってしまいました。私たちは気まぐれな王様の望んだ理想の中世のお城を築き挙げなければなりません。王様の要望を最も叶えた、より良い城を築いたプレイヤーが多くの勝利点を得ることができ、最優秀現場監督の称号を勝ち取ります。

minmin
このゲームを詳しく見る
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016