ボードゲーム紹介
試される頭脳!相手よりも早くタイルをなくせ!

ラミィキューブ

ドイツ年間ゲーム大賞1980年 ドイツ年間ゲーム大賞 受賞作品

数字の書かれたタイルをうまく場に出していく「ラミィキューブ」
激しい頭脳戦が繰り広げられるゲームです。

2から4人用ゲームで、1から13が2枚ずつ各4色とジョーカー2枚の計106枚のタイルを使います。
タイルの出し方には2つのルールがあり、同じ色で連続した数字の「ラン」、全て違う色で同じ数字の「グループ」のみです。自分の番では場に出ているタイルと、手持ちのタイルを組み合わせて、「ラン」や「グループ」が作ることができるタイルを出すことができます。組み合わせが出来る限り、連続して何度もタイルを出すことができ、できなければ山札からタイルを一枚引いて手番が終了します。それを繰り返し、誰かの手札がなくなった時にゲーム終了です。手札に残った数字の合計がそのままマイナス点となり、ジョーカーが残った場合は追加で30点マイナスとなります。手札をなくしたプレイヤーは、他のプレイヤーのマイナス点の合計がプラス点となります。

自分のタイルで何ができるかというのを常に考えることが必要で、タイルを引く運よりも頭をつかうゲームとなっています。

タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

はじめまシックス

 「ボードゲームナイト」というイベントが「相席ナイト」という名称に代わり、カウンターに置いてある「相席OK」のポップもあちらこちらのテーブルで目立つようになってきた昨今のJELLY JELLY CAFE。ボードゲームは初めましての人とも仲良くなれる素晴らしいもの。でも、やっぱり自己紹介って大事ですよね?
 このゲームは自己紹介をするゲームです。自分を6つの要素で紹介して、最後に紹介した6つの事柄を当てあうゲーム。友達同士より、初めて会う人と遊ぶ、そんな方々にぴったりのゲームだったりします。
 ……でも実は、覚えてもらえない人が勝っちゃう、そんな寂びしい一面もあるゲームでもあったり。

ふかつふかつ
このゲームを詳しく見る
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016