ボードゲーム紹介
デザイナーとなって模様の著作権を得るのはだれだ!

ライツ

遊べる店舗
rights

様々な模様のカードを取り合い、押し付けながら遊ぶ「ライツ」。
ルールはとても単純ですが、非常に頭を使うゲームです。

3〜5人用ゲームで、各プレイヤーには10点分のコインと手札を3枚配ります。
カードの絵柄は6種類あり、5から10の数字が記されています。自分の手番では手札から1枚選び、自分の前に出すか、隣のプレイヤーに回すかという選択ができます。隣に回した場合、隣のプレイヤーはカードを受け取りたくなければコインを払い、隣のプレイヤーにカードを回します。受け取る場合はコインは払わずに、カードと今までに払われたコインを全て受け取ります。それを山札がなくなるか、プレイ人数によって決められた枚数がプレイヤーの前に出されるまで繰り返します。

ゲーム終了時、各絵柄を一番多く持っている人に対して、同じ絵柄を持っているが、最多でなかったプレイヤーはコインを支払わなければなりません。6種類それぞれ同じように精算し、一番多くコインを持っているプレイヤーの勝利です。

20分程度で終わる、激しい頭脳戦が繰り広げられるゲームです。

ゲーム名
Rights
作者
佐々木 隼
発売年
2015
メーカー
オインクゲームズ
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

thegame

ザ・ゲーム

ゲームのルールはいたってシンプル!全員で1〜100までのカードを並べ切りましょう。
しかし、他者の手札は公開されていないので、うまく相手に自分の手札を伝えコミュニケーションを取らなければいけません。協力型の手軽なカードゲームなので、初心者の方にもオススメのゲームです!

minmin
このゲームを詳しく見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016