ボードゲーム紹介
シンプルなのに奥が深い心理戦!はじめてのボードゲームにも!

ガイスター

ドイツ年間ゲーム大賞1982年 ドイツ年間ゲーム大賞 候補作品

30年以上前に発売された名作「ガイスター」。単純なルールなのに、とても奥が深い名作心理ボードゲームです。

2人用ゲームで、チェスのようにコマを取り合います。「赤の悪いオバケ」と、「青のいいオバケ」がいて、相手の「青いオバケ」をすべて取れば勝ちですが、「赤のオバケ」をすべて取ってしまうと負けになってしまいます。

ポイントは相手からはオバケの区別が出来ないこと。「この動きは青っぽいけど、もしかしたら裏をかいて赤かも…!」「このオバケを取っておかないと厄介だけど、赤かもしれないし…!」など、心理戦が白熱すること間違いなしです。

130422geister-02

1ゲーム10分くらいで終わるという手軽さながら、何度やっても飽きないというオススメ名作ゲームです!

プレイ動画

ゲーム名
Ghosts!
作者
Alex Randolph(アレックス・ランドルフ)
発売年
1982
日本語版発売元
メビウスゲームズ
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ストライク

ダイスを最後まで持っていれば勝ち!とってもシンプルなダイスゲーム!
運要素の大きいダイスゲームです!ちょっとお酒に酔ってしまった方でも簡単に楽しめるギャンブル?ゲームとなってます!ぜひ遊んでみてくださいね!

ゆうゆう
このゲームを詳しく見る
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016