ボードゲーム紹介
パズル学者による算数センスがアップするゲーム!

頭が良くなる算数ゲーム

パズル学者として活動している研究者による「頭が良くなる算数ゲーム」。論理的に相手の数字を当てることが目的です。

2人から4人用ゲームです。1から4の数字が描かれた4色14枚のカードをよく混ぜて4枚配り、裏向きに2枚x2枚で並べたらゲーム開始です。各プレイヤーは左隣のプレイヤーの数字カードを全て当てることが目的です。
自分の手番では質問をするかカードを当てるかのどちらかができます。質問をする場合、質問カードを引いて読み上げ、相手のカードの横におきます。相手はその質問に正直に答えなければなりません。質問では「この列の数字の合計は?」や、「何色のカードが何枚?」といった質問が書かれており、それが積み重なることでだんだんと相手の数字がわかってきます。

数字を論理的に当てていく過程が面白く、慣れてくるとだんだん計算が速くなってくるため、算数のセンスがぐんぐん上がるゲームです。大人から子供まで楽しめるゲームとなっています。

ゲーム名
頭が良くなる算数ゲーム
作者
東田大志
発売年
2016
メーカー
幻冬舎
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

castles

ノイシュヴァンシュタイン城

その昔、ドイツのとある地域にルートヴィヒ2世という王様がいました。その王様はただただ自分の趣味のためだけに美しい城を作ろうとしましたが、ついに完成を見る前に亡くなってしまいました。私たちは気まぐれな王様の望んだ理想の中世のお城を築き挙げなければなりません。王様の要望を最も叶えた、より良い城を築いたプレイヤーが多くの勝利点を得ることができ、最優秀現場監督の称号を勝ち取ります。

minmin
このゲームを詳しく見る
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016