遊んでもらいたいボードゲーム紹介:エルグランデ

IMG_20140621_175557

今回はエルグランデというゲームを紹介します。
スペインの大公となって領土を広げていくゲームです。
というか超名作です。ぜひ、ぜひ、遊んでもらいたいゲームです。

各プレイヤーは同じ内容のカードセット(数字といくつかの騎士の絵が描かれています)と自分の色の騎士のコマを持ちます。またストックにも騎士のコマを置いておきます。プレイヤーはストックのコマを直接使うことはできません。
ボード上にはスペインの地図が描かれておりいくつかの地区に分かれています。また王様のコマ(画像中央の大きいコマです)と、(上のほうに映ってる黒いヤツです)があります。また、ボードの脇にはアクションカードが表向きに置かれています。

3ラウンド毎に得点計算を行います。得点は各地区ごとにコマの数を比べて多く置いているプレイヤーに得点が入ります。地区毎に多数決を行うわけです。選挙みたいですね。
また、王様のいる地区や本拠地(ゲーム開始時にランダムで決まります)では追加の得点を得ることもあります。3回得点計算をしたらゲーム終了。最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

ラウンド毎にプレイヤーは順番にカードをプレイします。大きい数をだしたプレイヤーから手番を行います。またカードに描かれた騎士の数分だけストックから手元に騎士コマを補充します。
大きい数のカードはコマの補充が少なく、小さい数のカードはコマの補充が多くなっています。つまり手番を取るかコマの補充を優先するか悩むところです。

手番ではアクションカードを選んで、対応するアクションを行います。前の人が選んだアクションは選らべません。アクションは①手元の騎士を置く②特別アクションを行うの両方ができます。
騎士を多く置くことは得点を取るために必要ですが、特別アクションも強力です。
ここでもコマを置くのか?強力な特別アクションを優先するか???悩みます。

騎士コマを置く際には領土に置く以外にも塔の中に入れるという選択肢もあります。
得点計算のときに塔の中に最も多くコマを入れているプレイヤーに点数が入ります。
また、各プレイヤーは秘密裏に地区を選び、地区毎の得点計算の前に選んだ地区に塔の中のコマを
移動することができます。これが得点計算の時の逆転要素になります。
領土に置くのか塔に入れるのか、、、これも悩みます。

このゲームはしばらく手に入りにくい状況だったのですが、最近エルグランデ ビックボックスとして拡張がいろいろ入ったバージョンが発売され、遊ぶのにはもってこいの状況となっています。
最近ボードゲームに興味を持って、本格的なゲームにチャレンジしてみたいと思っている方は絶好の機会です。是非遊んでみてください。

長くなりましたが、とにかく悩みどころ満載。
古めかしい感じのボードやカードのアートワークもいい雰囲気です。
長時間のゲームですかたっぷり楽しめるお薦めのゲームです。

DSC_0242

猫山

ボードゲーム歴8年ぐらい。最初に買ったゲームはカタンの開拓者。 自分がインストしたゲームで「楽しかった」と言ってもらえるととても嬉しいです。
他の執筆記事はこちら

LINE@で最新情報をGET!

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

チャオチャオ

すごろくゲームとブラフゲームの相性抜群な組み合わせによってうまれた鬼才アレックスランドルフの不朽の名作。
嘘を見破って「チャオチャオ〜」できたときは快感です!

たかとらたかとら
このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約 親子ボードゲームカフェ
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト