騙している?騙されている?演技力がカギの「コヨーテ」入荷しました!

coyote01

以前告知した「コヨーテ」がついに届きました!
コンパクトでデザインもかわいい感じになっています(*^○^*)

「コヨーテ」ってどんなゲーム?
ということで、実際にやってみました。

coyote02

ルールは簡単。自分以外のカードを見て、合計の数字を推理して、それを超えない数字を宣言していくというもの。

なんだ、単純じゃん(笑)と思うかもしれませんが自分の数字は見えませんので、いかに相手の言動や表情から自分の数字を読み取れるかが鍵となります。

はじめに、一人一枚カードをひき、おでこにあて、みんなに見せます。自分のは見ちゃダメです。時計回り順に、その場にいる合計の数を推理して、それを超えないと思う数字を宣言していきます。数字はどんどん大きくなっていきます。

coyote03

前のプレイヤーの宣言した数字が大きすぎると思ったら、「コヨーテ!」と宣言して、全員の数字を公開して合計の数を確認します。

全員の合計の数 < 前のプレイヤーの宣言した数 → 前のプレイヤーの負け
全員の合計の数 ≧ 前のプレイヤーの宣言した数 →「コヨーテ!」と宣言したプレイヤーの負け

というルールです。

「コヨーテ!」が発言されるまでゲームはとまりません。どんどん数字が上がっていきます。
負けてしまうとライフをひとつ失います、3つのライフが全てなくなったら脱落となり、最後まで生き残ってたプレイヤーの勝ちとなります。

相手を騙しているつもりが、実は騙されていたり。
思いもしないカードを実は自分が持っていたり。

自分の予想を信じるのみ。
最後までハラハラがとまりません。

慎重に予測するのもあり。
大胆に相手を騙すのもあり。

予測よりも演技力が鍵となる心理戦です!
特殊カードも入っており、大どんでん返しも!

10人まで遊べるので、是非大人数で「コヨーテ」遊んでみて下さいねー!(●^o^●)

まんぼ|スタッフ

心理戦のゲームが好きです。すぐに騙されますが。
他の執筆記事はこちら

LINE@で最新情報をGET!

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

チャオチャオ

すごろくゲームとブラフゲームの相性抜群な組み合わせによってうまれた鬼才アレックスランドルフの不朽の名作。
嘘を見破って「チャオチャオ〜」できたときは快感です!

たかとらたかとら
このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約 親子ボードゲームカフェ
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト